FC2ブログ
2020 / 08
<< 2020 / 07 - - - - - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 - - - - - 2020 / 09 >>

ようやく5月最後の週から通常レッスンに戻りました。
マスク着用、除菌コーナーをレッス室前に設置し、シールドシートを天井から吊るし、未だ注意を払ってのレッスンです。
元気なお顔、声、演奏が聴ける対面レッスンはやっぱりいいですね。
その有り難さをひしひしと感じてます。
bL6XvbzdRXeZixg_XR9uIw_convert_20200628175811.jpg gi_I_4TnR0KjXwiBRNkBag_convert_20200628180207.jpg

長いお休みがあっても、全体的には凄くレベルが落ちたとか、練習意欲を無くしたという方はいなく、ご父兄様ご協力の元、上手にピアノとお付き合いしていた様子が、伺えました。
その中でも、オンラインレッスンをコンスタントに受けていた方は、その効果は覿面に出ており、やはり日々の積み重ねの大きさを感じてます。

4月入会を楽しみにしていた方が、コロナの影響で延期になり、いざ「7月からスタートできます。」とのお知らせをした所、長いお休みの間にピアノを習いたい気持ちが失せてしまったから、入会は取り止めたいとのお知らせ。ガーーーン ショックなんですけど(;_;)
また、高校2年生の方が、夏まで頑張ると言っていたのに、オンラインレッスンなら、辞める時期を早めたいと6月で休会してしまったりと残念なお知らせも色々ありました。

それに加え6月当初より、学校の授業が通常通りに戻った今の方が、急にハードな生活になり、疲れている方が多く、練習できてない方が結構見受けられてます。

今年は、夏休みも少ないそうですので、まずは学校の生活に慣れ、なんとかピアノの練習時間を作れるといいですね。

さて、今回の本題、発表会についてのお知らせです。
11月15日に予定していたprismの発表会ですが、例年ですと選曲、練習に入ってる方もいる時期です。
がコロナの収束が見えない今、やるかどうか凄く悩んでました。
今は少し落ち着いているけど、第2波が来るかも?
やれても、マスク着用、お客様の人数も制限、演奏後1回づつ鍵盤を拭く・・・
そんな困難な状況でもやるべきか?
いつもの発表会に向けてのワクワク感が全くない、わたし。

決めかねている時、延期になってた来年4月、5月、6月の会場の抽選会があると知りました。
悩んでも結論は出ないので、当選したら来年。落選したら強行でも今年やろう。と神様に委ねることにしました。

もちろん今年中止、延期された方が、一斉に抽選されるので、いつも以上に凄い倍率でした。
その結果が先日送られてきました。

ドキドキ⭐️

さて、どうだったでしょう?



バンザーイ!見事当選!!\(^o^)/
来年4月11日(日)に会場を取ることが出来ました。
予定していた、2台ピアノもです。🎶
(ダブルおめでた)

来年だから、コロナが収束してる保証もないですし、来年は転勤かも?
とか中学生になるから、時間が取れないかもとか
それぞれの想いはあるでしょう。

でも、私を含め、大半の方は来年でよかったとホッとしてるんじゃないでしょうか。
コロナに関しては、今年よりは絶対いい状況になってるはずです。
それを信じ、願いましょう。

早速、今日グループラインでお母様にお知らせした所「みすず先生持ってますね〜引きが強い」とか
「先生のくじ運凄いです」とお母様達もお子さん達も喜んでいただけてるようです。

11月の抽選会の時も1番くじを引き当て、そして今回も当選!
私の運を全て使い果たしてる?気もしますが、今は素直に喜びたいと思います。

という事で気持ちもスッキリしたところで、今年は個々のスキルアップの時間に使い、来年の発表会の選曲の範囲が広がるようにして行きましょうね。

発表会以外の目標として、認定試験もその一つです。
また、教本を離れ、好きな曲にチャレンジもいいでしょう。
今年11月には早い子で、選曲、練習に入る子もいますので、来年と言えども、のんびりしてれませんよ。

私も、せっかく余裕を持った時間を頂いたので、素敵な発表会作りができるよう、企画、構成等考えて行きたいと思ってます。

また、今年時間に余裕があったら、おさらい会程度のWeb上のコンサートもできればな〜なんて考えてます。(まだ構想段階です)

まだまだ、コロナを気にしながらの生活、レッスンですが、その中でピアノと上手に付き合っていける事を願ってます。


この記事へコメント:する















レッスン風景、新着ニュース等 お届けします

プリズム

Author:プリズム