2018 / 07
<< 2018 / 06 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 - - - - 2018 / 08 >>

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

新学期から早2ヶ月☆

新しくプリズムに入会したお友達、緊張してた顔も
「ゆびーの体操、ゆびーの体操・・」この歌をうたいながら
1の指、2の指・・お指こんにちはをしてると、自然に笑顔が
教室にも私にも慣れ、いいスタートを切ってます。

3月で横浜にお引っ越しされたMちゃん(1枚の葉書の子)も、新しい土地で
ピアノ教室探しを始め、色々体験レッスンされてるようです。
その体験された教室の先生にも、譜読みの早さと正確さをすごく褒めていただいた
そうです。(イヨッ!さすがMちゃん)
たった1年半のお付き合いでしたが、基礎を丁寧に教えた結果が評価されたと
自分の事のように嬉しいです。

他の教室から移って来られた方達も、今までつまづいていた譜読みが、この数ヶ月で
しっかり読めるようになり、教材は少し戻る形にはなりましたが、
着実にステップアップしてますよ。
お母様からも、自分で練習するようになってきた。と喜びの声も聞いてます。
この調子☆頑張ってね!

さてさて、先週のお話
午後2時30分頃、もうそろそろレッスンスタート
と居間で心の準備
「ピンポーン」
あれ?レッスンまで後20分もあるけどおかしいな?
インターホン越しには、Iちゃんの姿ではない、ランドセル姿の女の子が写ってる
ダブルブッキングした? 
色々頭をかけめぐる
「家の鍵がかかってて、お母さんがいないの」
と少し半べその声で、Aちゃんがせいいっぱいの説明

事情がわかり、「泣かないで、ちゃんと考えて先生の所に来たんだね。
えらいよ!すぐお母さんに連絡するからお部屋で待っていようか」
とレッスン室に上げ、即お母さんに連絡☆

お母様も下校時間を勘違いしていたらしく、数十分で迎えに来られました。
「安全を確保してもらえ、本当にありがとうございました」と一件落着(ホッ

驚いたのは、まだ2年生でありながら、パニックにならず、冷静に、お家に誰もいないなら
ピアノの先生の所へ行けばいいと判断出来た事
そして、決して近い距離でもないのに、テクテク歩いて、インターホンを押し、
事情をきちんと説明出来た事
そのAちゃの賢さにパチパチ ( 家の子では無利でしょ。)
でもその後、あの信号のない交差点を渡って来たかと思うと、タラーリ冷や汗
(何もなくて良かった)

レッスン中の方には、バタバタしてしまいご迷惑をかけましたが
街のピアノ教室やってると色々あるんだな〜
でも、とっさの時に私の顔が浮かんで、頼ってくれ、本当うれしかったよ。

これからも、ピアノの事だけでなく、地域に密着していきたい気持ちは
ずっといっしょです。
「こども110番の家」のように、何かあったら(あっちゃいけないけど)駆け込んで
来て下さいね。
(うかつに昼寝してられないかな)



この記事へコメント:する















レッスン風景、新着ニュース等 お届けします

プリズム

Author:プリズム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。