FC2ブログ
2018 / 11
<< 2018 / 10 - - - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 - 2018 / 12 >>

日曜の朝ですが、今日は朝からバタバタ「遅刻、間に合わなーい!」
昨日の花火を優雅に見ていた私は何処へ?

今日はかねてから申し込んでいた「西洋音楽史」の講座が河合楽器の会議室で
あり、いつものセミナーと違うのは、なんと6時間ぶっ続けの講座という所です。

6時間聴講ってかなりきびしいかな?と受講するか悩みましたが、音楽史って若かりし
頃に学んだだけで、かなり忘れてるし、生徒さんに曲を与える時の背景を、少しでも
お伝えできればと、受ける事を決意しました。

眠くならないかな?当てられたらどうしよう?最後にテストあるかな?
ドキドキしながらの受講でしたが、心配無用、とても実りある講座でした。
昔も眠さと戦いながら受講してたな〜
この感じ、何年振りだろう?学生時代を思い出しました。

内容は古代メソポタミア文明から近現代までを、6時間の中でざっくりかいつまんで
のお話ではありました。
古代の風や水の音そして石をたたいて合図する事から音楽ははじまり、聖書に節を付け、
キリスト教を普及する手段として、楽譜なるものが生まれたそうです。(中世の頃)
P1010850_convert_20140826005138.jpg(教会聖歌)

まだまだ奥の深い話は、レッスンで小出しにお話していきますね。
昔のように、頭の中の柔軟性もなく、聞くだけで精一杯でしたが、知る事、
学べる事って、素敵な事だなと思いました。
(若かりし頃もこんな意欲があったら良かったのに〜)

この記事へコメント:する















レッスン風景、新着ニュース等 お届けします

プリズム

Author:プリズム