FC2ブログ
2013 / 07
<< 2013 / 06 - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 - - - 2013 / 08 >>

今日、お友達のピアノの先生の知り合いの先生が、門下生の方々とコンサートを
文化の家でやられると言う事で、聞いて来ました。

門下生、言わば教え子と言っても、ほとんど名門音高、音大現役生だっり、卒業して
講師をやられたりと、プロフィールを見ただけでも、素晴らしい!の一言

演奏もリスト、ショパン、ラフマニノフ・・超難曲のハイテクニックの曲を
どの方も立派に弾きこなし、拍手喝采でした。

今回のコンサートのタイトルが「憧憬」とあるだけに、先生は、数十年前から、
門下生の方々とのコンサートをやる事を夢見ていたそうです。

自分の小さい頃から教えた生徒達が、立派に成長した姿を見、共演出来る
なんて最高に幸せだと思います。(ウン、ウン、その気持ちわかる)

高校生の男の子の演奏はテクニック的には、目を見張る物はありましたが、
音も若いというか、新緑のような青々した音でした。
先生の音色はやっぱり、悲しみ喜びを年齢と共に重ねた分、深みがあるというか
艶っぽいとても魅力的な音色で、さすがだな〜と思いました。

自分に振り返ってみると、年齢を重ねた音色で弾けてるか・・愚問かも?

でも若い頃弾いた曲を、今弾くとまた違った音色で弾けるようになってる
事は確かです。

是非以前弾いた、発表会の曲をもう一度弾いてみて下さい。
年齢を重ねた分、その頃とまた違った音色で弾けるはずです。

レベルは違いますが、いつか私も発表会に辞めてしまった生徒達を集め、
OB達のコーナーを設け、共演したいと思ってます。
今年辞めてしまった、中3、高校生の方々、いつお呼びがかかってもいい様に
練習しといてね。




昨日は超ハードな一日でした。
朝から名古屋ピアノクラブのセミナー
(石嶺先生の興味ある話は、また後日掲載)
セミナー終了後、レッスンを一人済ませ、
即、吹奏楽部のコンクールを聞きに瀬戸文化会館へ
南中の演奏のみ聞き、またレッスン室に戻り、7時半までレッスン
(レッスンの変更のご協力ありがとうございました。)

そんな忙しい思いをしても、吹奏楽のコンクールを聞きに行きたかったのは
プリズムの中には、吹奏楽部の生徒さんが多く、このコンクールの為に、
一生懸命やってる姿を、日々見て、聞いていたので(愚痴も含め)、
間近で聞いて応援したかったからです。

娘が現役だった頃から、ほぼ欠かさず聞きにいっており、特に今年は北中に半数の部員
が移動し、10年来顧問だった熱血C先生が退任してしまい、いわば新体制になった
南中吹奏楽部の演奏が、どう変わったか気になったというのも、あるかもしれません。

もちろん人数が少なくなり、スケールは小さくなってしまいましたが(特に低音部)
南中らしい、音色を重視したまとまりある演奏でした。

この春prismを辞めてしまった、中3の生徒さんの頑張る姿も、見る事ができました。

結果は・・・
金賞だったそうです。 さすが!

でも、4位までが県大会に出場できるのですが、惜しくも一点差で5位
残念な事に県大会には行けず
みんなダメ金、ダメ金だったとつぶやいてました。

県大会はダメだったけど、決して駄目な金ではないですからね。
朝練、そして放課後、土日も1日練をし、一生懸命練習した中
勝ち取った金賞は、見事な、立派な金☆ですよ。

中3のみなさん、厳しい部活で、よく3年間頑張って来ましたね。お疲れさま☆
現役のみなさん、今年のリベンジ、是非来年果たしてね。










みなさん、ピアノの調律は定期的にやってらっしゃってますか?

私も忘れた頃に、いつもご連絡をいただき、「えっ!もうそんな時期なんですか」
「では、お願いします」という乗りで、定期的にやっていてます。

今日がそのお約束の日、朝から、ポロロン〜ポポロン〜♪と、匠に音のずれを合わせ
その素晴らしいお耳、うらやましい〜 仕事といえ、尊敬の一言です。
でも、調律師さんは、絶対音感があるわけでなく、訓練だけです。と言われてるから
また、驚きですよね。

1時間くらいして、宅配便の受け取りに外に出たら、路駐してある調律師さんの車から
黄色い紙がヒラヒラ
もう、みなさん、おわかりですね。
そう、また自宅前で駐禁やられちゃったんです。
3月に娘がやられたばかりで・・(ブログ掲載)

即、レッスン室に掛け込み「駐禁やられてますよ==』とお知らせ
「気にして、見てたんですがね。」「今って、駐禁いくらくらいですか?」と
その冷静さ、さすが大人です。

駐車場を別に借りていた事を、うっかり伝え忘れてて、ほんとすみません。
と、ただただ平謝り。

だからと言って、「調律代を駐禁分上乗せていいですよ。」なんて太っ腹な事も
言えず、「生徒さんに吉川さんの事宣伝しときますから」
何とか、営業で穴埋めしなくちゃ。と

ここで宣伝しても、真実身ないと思われるかもしれませんが、いやいや
いつも、岐阜からきていただき、たっぷり2時間
お値打ち価格で、丁寧に調律していただけますよ。
先日、グランドピアノを一人で動かしていただいたのも、
そう、この調律師さんです。おすすめですよ♬

もう、そろそろ調律の時期?と思ってる方
是非お電話してあげて下さい。(末松からの紹介と言って下さいね)
 吉川楽器工房  tel 058-262-5720 090-4852-0988

お迎えにいらっしゃるお母様、少しくらい家の前に停めて
レッスン室に、なんて間にも駐禁されるかもしれません。

空き巣事件以来、パトロール強化してるんです。
是非、駐車場に停めて、お越し下さいね。

2度ある事は、3度、4度にならないで下さいね。


昨年8月のブログ記事「世界に一つだけのボンゴ」覚えてますか?
生徒の天陽くんが、日響楽器さんのイベントに参加し、
手作りボンゴを作り、とても素敵だったので、写真を掲載しました。

今年はその第2弾 「みんなで鉄琴を作ろう」があります
P1010309_convert_20130717105358.jpg
( レッスン室にも貼ってありますから、ご覧下さい)

昨年は日程が合わなかったので、今年は参加してみようと、申し込みの連絡
を入れた所、「先生お一人ですか?」と
子供対象で、大人だけの方はいないとか
(どなたかお子さん貸してくださーい なんて訳にはいきませんよね)

どうも、組み立てる所は、楽器店の方があらかじめ、準備して下さり
当日はまわりに絵を書いたり、ビーズで飾ったりのだけの簡単な作業なんですって

じゃあキッドだけ購入して、個人的に作ってみようと注文したものの
一人で黙々作るのもさみし〜し
この際、「夏休みのイベント」として、希望者だけ集まって我が家で
鉄琴作りをしようかな〜なんて今考えてます。(無謀な試みかな・・)

まとまった人数が集まったら、日程をみんなで決め(平日午前中)
決行する予定です。(4名以上)
もちろんキッドだけも購入できるので、お家で個人的に作りたい方も
是非お申し込み下さい。
ただし、未就園児の方は保護者同伴でお願いします。
7月までにメールか電話でお申し込み下さい。
(ブログ上でしか公開してませんので、みなさんお誘い合わせの上
 お申し込み下さい)
 

キッド代は2500円 講習代はもちろん無料ですよ。

夏の自由研究にもバッチリかも
世界に一つだけの鉄琴作りましょう。

作り上げた後は、みんなで合奏できたらいいね♬

この夏休み前の時期、何故かレッスンの問い合わせも多く
その都度、希望者の方には体験レッスンを行っています。

初めて訪れる時は、お互いに緊張するもので
「先生って若い?こわそう?」「レッスン室ってどんな感じ?」
楽しみでもあり、ドキドキでもありですよね☆

私も体験のある時は、朝洋服を選ぶ時、いつもより明るめの色を選んだり(若作り?)
ちょっと気合い入ります。

最初「こんにちは〜」と扉を開けた時の第一印象が、お子さんの緊張を解き放す
空間を作り、迎え入れてあげれれば、と思っています。

先日、年中さんの双子ちゃんの体験レッスンをやることになり
久々のグループそれも年中さんとあり、朝から気合いが入ってました。(化粧もやや厚塗り)

こんにちは〜と扉を開けた瞬間、かわいい双子ちゃんと
見た事ないぐらいの大きい蜘蛛も登場!
瞬く間に廊下に
「きゃーやだーこわーい」と双子ちゃん半べそ状態
ここで、泣いて体験レッスンが出来なくなってはこまる
でも、子供の前でスリパでたたくなんてダメダメ
瞬間的に様々なシュツエーションが浮かび

初対面のお母様に「この蜘蛛の行方見てて下さいね。」
双子ちゃんには「レッスン室にはいっててね」と
即座にチラシを取り出し、一発でつかみ取り、まるめてポイっ

その行動を見ていたお母様に「先生尊敬します」と(そんな事尊敬されても・・)
いつもは、きゃあきゃあものですが、火事場の馬鹿力でしょうか?

ピアノの先生モードで、優雅に登場するはずが、まさかの髪振り乱しの、悲惨な登場

第一印象も最悪??
でも、そんなドタバタ劇でのスタートしたので、お互いの緊張はまったくなくなり
いつも以上に「けんちゃーん」「ばんくーん」も声高らかに、アドリブ満載
内容は気に入っていただき、入会して頂ける事になり
めでたしめでたしでした。

みなさん、第一印象が一番じゃなく
誠意を持って接する事が一番大切ですよね。





先週一週間は、うっとおしい梅雨空だったのに
梅雨明けしたとたん、夏到来!
今日の気温は37度だったとか
昨日主人が沖縄から帰宅し、名古屋に着いたとたん、この蒸し暑さに
驚き、そのまま逆戻りしたかったとか・・沖縄より暑い名古屋

みんなレッスン室には、汗をぬぐいながら登場
冷房の入った部屋に入るなり、こんにちはの挨拶の前に、
「あ〜涼しい ここは天国だ〜」と一言
汗が収まるまで、下敷きでパタパタしたり、大サービス♡

梅雨が短かった分、夏が厳しく、長いとか
発表会後、体調を崩してる私、(明後日は人間ドックです)
今年の夏は例年よりこたえそうで、、心配です。
まさか、このまま2ヶ月近くこの猛暑ではない事を祈ります。☆

みなさんも熱中症に注意し、特に学区外から徒歩で通ってる方、
水分補給出来る様にして来て下さいね。(ない時はお茶のサービスしますよ)

夏休みも涼しい午前中レッスンを希望される方は、おっしゃって下さいね。

(7月のシルバニア)

P1010307_convert_20130710000843.jpg

エントランスで、海水浴してるシルバニアを見て、少しでも涼んでもらいたい
そんな思いでディスプレイしました。

青い海で思いっきり、泳いだり、シュノーケルで魚を見たり
そんなSUMMER バケーション待ち遠しいね

先回ブログで紹介した、年中さんのみなみちゃん
最近トライアングルを幼稚園の「たなばたはっぴょうかい」の為に練習してるとか
レッスン中に「ここにトライアングルあるからやってみて〜」とおさそい
でものでも、やりたいけど〜はずかしくてできな〜いって感じ
「じゃあ先生見に行っちゃうよ」と言ったら首を縦に「うん♡」
お母様も「是非来て下さい」と 
年長さんの愛子ちゃんも鍵盤ハーモニカで出られるとか
じゃあ行っちゃおうかな
最初はそんな軽い乗りでした

S幼稚園は息子も娘もお世話になった幼稚園なので、園の様子は良く知ってはいましたが
16年振りの訪問、行くと言ったものの、ちょっとドキドキものでした。
知ってる先生ももう見えないし、若いお母様の中浮いちゃう?
どんなシュツエーションで行けばいいのかな?
(おばあちゃんとして・・それはまだ少し早い  おそがけの子供・・いやいやそれはない)
道中色々考えてたんですが、門に笑顔でバスのおじさんが、昔のまま迎えてくれて
「末松です。お久しぶりです。」と挨拶したら、なんと覚えてて下さってて
ホットしました。
園長先生とも何十年か振りにお話でき、なつかしい時間が蘇って来ました。

さてさて、本題のたなばたはっぴょうかいは
P1010297_convert_20130706002949.jpg

年中さんの「線路は続くよどこまでも」をタンブリン、すず、トライアングル
で合奏そして合唱♬
難しいリズムをきちんと演奏してました。みなみちゃんバッチリでしたよ。
何と言っても子供達の力強い歌声に 胸をうたれ、ウルウル来ちゃいました。
年長さんの「ちょうちょう」の鍵盤ハーモニカ演奏
ピアノを習ってない何十人の子供達に、指導しまとめあげた先生に拍手喝采
生徒の愛子ちゃんは、鍵盤を見ない!日々のレッスンが伝わったのか
終始カメラ目線で、私が来てた事もわかったとか さすがです☆

最近物騒な事件が紙面を飾ってますが、この子供たちのピュアな歌声を聞かせれば
犯罪も起こらないのでは・・
そして、事件を起こした人達も、そんなピュアな時代もあり、根っから悪い人は
いないのかな?
そんな奥深い事まで考えてしまいました。

今週は、梅雨のうっとおしい一週間でしたが、明日の七夕は星空(天の川)が見えそうですね。
何を短冊にお願いしたのかな?☆☆☆





レッスン風景、新着ニュース等 お届けします

プリズム

Author:プリズム