FC2ブログ
2013 / 03
<< 2013 / 02 - - - - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 - - - - - - 2013 / 04 >>

発表会の写真、コメント締め切りの週に、バタバタっと
届きき、ほぼ揃いました。(まだの方お急ぎを)
お忙しい中、お手数おかけしました。

今回の発表会の出演者は例年より少ないんですが、プログラムの構成を
考え分かった事は、出演者の半分は、中学生以上という事です。
ですから、提出物もお母様の管理の元というより、自己管理にされてる方が多い
ので、こんなにやきもきさせられるんですね。

凝った演出も小さいお子さんの親御さんには喜ばれても、大きいお子さんや、
親御さんにはありがた迷惑なのかな?
まだ準備段階ではありますが、今回私との温度差を
ひしひしと感じてます。
でもいつものスタイルでやると決めた以上、最後までやり通し、結果皆さんに
喜んでいただける発表会にしていくつもりです。

来週のレッスンでは、コメントを録音するつもりです。
かみかみにならないよう練習しといてね。
また、中高生には、「え〜録音やだ!先生代わりに言って」とブーイング
されそうですが、そんな言葉にはめげませんからね。

コメントもそろいやれやれと思いきや、先週Sちゃんが指に包帯を巻いて登場
ひどい突き指で全治1週間ですって。
ただでさえ仕上がるか不安なのに・・だ・だいじょうぶ?

Sちゃんのけがも痛手だったのに、その2日後Yちゃんが小指に包帯を巻いて
登場。小指を骨折して全治一ヶ月ですって。
発表会はもちろん参加する方向ですが、ピアノに触れる様になるのが、4月で、
それから特訓して、何とか仕上がりに持って行かなくてはいけないのです。
連弾の相手も決まってたのに、急遽私がピンチヒッターに。
一難去ってまた一難、みなさーん気をつけて下さいね。

でも、悪い事ばかりではありません。
今週で高校受験を終える、Sちゃんがレッスンに復活し、発表会も出たいですって。
後一ヶ月半でどんな曲が仕上がるか、選曲に悩みそうですが、受験が終わって
まったり、のんびりしたい時期なのに、ピアノを弾きたいと思い、あえて発表会という
険しい道を選んでくれた事は、うれしいですね。

後一ヶ月半、レッスンは白熱し、鬼のみすず先生が登場しそうです。

(3月のシルバニア)

3月も半ばですが、シルバニアのおひな様です。
P1010029_convert_20130314005629.jpg

娘のおひな様も21年欠かさず出してたのに、リフォームで出しずらい所に
しまってしまったのと、20歳過ぎだし、どこかで線引きをしようと、今年から
出すのを辞めました。
ちょっと胸が痛かったんですが、その代わりシルバニアだけでもと飾りました。
(着物は手作りですよ)

今日レッスン中に愛知県警の方が見え、何事?と思いきや
何と隣のお宅に泥棒が入ったと言う事で、不審な人物をみてないかと
と尋ねられました。刑事ドラマみたいな光景・・
何と白昼、窓を割って入ったとか 
怖いですね。

留守宅を狙っての犯行らしく、最近私は発表会の準備で、
引きこもりのようにレッスン室にこもってるから、助かりましたが、
明日は我が身
皆さん気をつけて下さいね。

刑事さんいわく、最近同じ手口の泥棒の被害が多発しているらしいです。
快適度全国1位の長久手市だったのでは?
物騒すぎて、安心して寝れないんですけど

パトロールも強化してるらしく、お陰で一昨日娘が、自宅前に車を止めてただけで
駐禁のシールをはられました。ショック
強化する所違うでしょ

我が家は一度車をごっそり盗まれたり、空き巣に
入られた事もあるんですよ。お恥ずかしながら・・

レッスン中はインターホンで顔も見ないで、どうぞ、どうぞと誰でも
招き入れてる私
今一度セキュリティ強化しなきゃいけませんね。


昨日、年長のHちゃんが、この3月でお引っ越しをされると言う事で
恒例ハグをし、最後のレッスンをしました。

入会される時から、3月のお引っ越しは決まっており、1年間の期限付き
を了承し、レッスンを進めてまいりました。

1年の間にきちんと譜読みの出来る子を育て、次の先生へ引き継ぐ
という任務は、責任重大でしたが、予定通りきちんと楽譜を読む事ができ
自分の力で、両手で馴染みの童謡も弾ける様になり、そして何より、とても
ピアノに楽しそう通うスタイルを作り上げれた事が、一番の喜びでした。


最後にお母様からも「予想以上に上達し、とても感謝してますと。
とてもピアノが大好きみたいで、練習しなくて、ピアノ辞めなさいという
言葉にも、絶対ピアノは辞めない」と言われたそうです。

導入期の指導が一番大変で、これから成長する姿を見るのが楽しみなんですが
残念ですね。

最後にHちゃんからお手紙を頂きました。P1000970_convert_20130302001529.jpg

感謝の気持ちと、ピアノたのしかったと、一字づつ丁寧に書き綴った
文は、心にしみました。

また、ピアノ講師やっててよかったと思える瞬間でしたね。

そしてこの手紙で、退職後(老後)こっそり見て
にんまり出来そうです。まさしく老後の楽しみ?です。

Hちゃん元気で、そしてまた引っ越し先でもピアノ続けてね。☆




レッスン風景、新着ニュース等 お届けします

プリズム

Author:プリズム