FC2ブログ
2012 / 12
<< 2012 / 11 - - - - - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 - - - - - 2013 / 01 >>

日付も変わり12月31日に滑り込みセーフ
今年ラストのブログ更新です。
この数週間はブログを書けれないぐらいほんと大変の日々でした。

今年の締めは、様々なお疲れ様と題し、書かせてもらいますね
(パート1) クリスマス会お疲れ様
  多くのご父兄様に準備のお手伝いをしていただき、無事終える事が
  できました。
  楽しんでいただけたでしょうか?
  P1000598_convert_20121231013209.jpg
オープニングはハンドベルから 男の子はトナカイに女の子はサンタのかぶり物で
かわいいでしょ
P1000621_convert_20121231014130.jpg
ソロ、連弾以外に鍵盤ハーモニカとピアノのアンサンブルも
P1000680_convert_20121231014218.jpg
コンサートの後は、スライドのお話読み聞かせ
お菓子を食べながら、ちょっとシアター気分で
お母様からもとてもいいお話でしたと喜んでいただけたようです。
P1000721_convert_20121231014346.jpgP1000724_convert_20121231014303.jpg
P1000735_convert_20121231013550.jpg

様々の年齢の子みんなにたのしんでもらえるゲームを考えるのは大変でしたが
クリスマスバスケットは年齢の小さい子にはドキドキものでしたが、盛り上がりますね。
私の年甲斐もないはしゃぎぶりも驚かれたでしょうが、みなさんの意外な一面を見せて
もらえ、楽しかったです。
ご父兄様に家族で最後まで楽しませてもらえましたと、お礼のお言葉を頂き
苦労した甲斐がありました。
みなさんとの距離がさらに縮まったような気がします。
時には無礼講で、おもっきり遊ばなくっちゃね。
お陰で疲れすぎて、夜予定してた女子会はキャンセルしました。

(パート2)リフォームお疲れさま
長い工期の末ようやく自宅のリフォーム工事が終わりました。
あまりの爆音で急遽振替てもらったり、ピアノの音が聞きずらかったり
本当にご迷惑おかけしました。
クリスマス会の練習、発表会の選曲もあり、お休みにすることが出来ず、
強行でレッスンを続けてしまいましたが、不快な思いをさせてしまった事
お詫び申し上げます。
私も工事現場にずっといるような感じで、頭がおかしくなりそうでしたが
きれいになった所を見ると、気持ちも晴れ晴れしますね。
でも、住みながらのリフォームは2度としないと決意しました。
生徒さんからは「トイレかわったの?」と薄い反応・・
before.は以前お見せしましたのでafterご覧下さい。(匠の曲にのせて)
2階の部屋はプライベートな空間なので1階だけですがP1000762_convert_20121231013652.jpg
P1000761_convert_20121231014510.jpgP1000760_convert_20121231014432.jpg
シルバニアを飾れるスペースは小さいですが、ちゃんと残しておきましたよ。

(パート3)今年1年お疲れさま そしてありがとうございました。
 今年もみなさんと過ごしながら、あっと言う間に1年が過ぎようとしてます。
今年一番変わった事は、学区外からの生徒さん、小さい生徒さんが増えた事です。
新旧交代というわけでもなく、受験生さんも数ヶ月お休みをされてますが、辞めずに
続けてくれてます。ありがたい事ですね。
先日もずっとお休みしてたSちゃんがクリスマスプレゼントを持って、挨拶に来て
くれました。受験で忙しい時期にうれしかったです。
みなさんとピアノだけでなく、つながりがあるこの仕事、最高ですね☆

来年5月には発表会を控えており、すでに発表会の練習に入ってる方も
いらっしゃいます。
来年は大変な年になりそうですが、またみなさんに楽しんでもらえる
会を作りあげてくつもりです。
共にがんばりましょうね。みすず先生が変貌しますから、覚悟しといてね(笑)

来年もよろしくお願いいたします。






嵐のようなリフォーム工事もひと休憩
今週は静かなレッスン室なはずが、今度は私の仕上がらない生徒さんに
ハッパかける声がうるさかっったり
クリスマス会は、絶対補講しないと決めてたのに、あまりの仕上がらなさに
とうとう来週お呼びだしをしてしまう事に・・トホホ 
クリスマス会と言えども、人前で弾くんですから、頑張って下さいよ〜

今週簡単なプログラムと来年のレッスン予定表をお渡ししました。
img127_convert_20121214233336.jpg

img128_convert_20121214233420.jpg

かばんの中に眠っているかもしれませんので、見られてない方はご確認下さい。
 ミニコンサートの後はスライドの読み聞かせです。

img124_convert_20121214233450.jpg

 地球温暖化で北極にいるサンタクロースはどうなってしまうのか?
 みなさんの元にプレゼントは届くのでしょうか?
 アメリカの小学校2年生の男の子が書いたお話ですが、考え深いお話です。
 お時間のあるご父兄様も、是非ご覧ください。

その後は恒例ゲーム、ビンゴ大会です。
クリスマスバスケットではいつも泣き出す子が出て、私は抱っこしてゲームに
参加してるような・・ また次の日腰が立たなくなるかも
他に盛り上がりそうなゲーム思案中です。


リフォーム工事に発表会の選曲とタイミングが悪く、思ったような準備ができてない
かもしれませんが、楽しい会になればと思ってます。

今年のレッスンはクリスマス会をもって終了させていただきます。
来年は発表会もあり変則的になってますので、レッスン予定をご覧になり、
間違いない様にお越し下さい。
img126_convert_20121214233301.jpg


P・S 来週からまた工事が再開します。
  重ね重ねご迷惑をおかけし申し訳ありません。
  玄関からではなく、掃き出し窓からの出入りになるかもしれませんが、
  指示に従ってお入りください。


先日お知らせしてたリフォーム工事が昨日から始まりました。
最初はお風呂とトイレだからレッスンにはあまり支障がないと
軽く考えてたら・・いやいや大間違い

まずはレッスン室までは土足で、廊下で履物を脱ぎ入室
迷われる方もいるので、急遽張り紙をはったりP1000567_convert_20121204151947.jpg
「ここはもっと音をひそめて」って伝えてる横から、ドンドン、ガンガンの爆音
顔を見合わせながら、笑うしかないって感じでした。
音色を語るなんて、とんでもなく、ほんとすみません。
特に昨日は解体作業だったので、大騒音だったみたいです。
でも爆音でもピアノを弾く手を止めず、弾く姿はさすが、何度もリフォームを体験
させてるだけあって、慣れてるというか、動じない姿が、妙にたくましかったり・・

でも念のため、今週からいらっしゃる事になってる新しい生徒さんには
急遽事情を説明し、来週から来ていただく事にしてもらいました。
レッスンの1回目の印象は、今後に繋がりますからね。

まずはbefore ご覧下さい
P1000566_convert_20121204152044.jpgP1000570_convert_20121204152159.jpg
お風呂もトイレもすっからかん

今週中で水廻り、来週1週間空き、17日から玄関、2階の部屋になります。
工期も年末で忙しいらしく、まとめて入ってもらえず、さらにご迷惑をおかけする
結果になってしまいました。
ご迷惑かけたおわびに、お風呂入りに来て下さ〜い。って事では駄目ですかね。

クリスマス会の準備に発表会の選曲も加わり、プラスリフォーム前の片付けで
ヘロヘロ状態ですが、クリスマス会では1年分のご奉仕、みなさんと思いっきり
遊べる体力は残しておきますね。





よくお子さん達に「ピアノっていつまで続ければいいの?」って
聞かれる事があります。
どの級までいったらとか、どの教本にいったら終わりという
決まり事がないのは、ボタン1つで即答えを出せれる、現代っ子には
、じれったいかもしれませんね。
でも言い換えれば、終わりがないからこそ、一生付き合えるとも言えます。

私も今は指導する立場になってはいますが、今も尚テクニック面、指導面共に
学び続けています。
今は楽譜の数も限りなくあり、昔の様にバイエルだけ教えればいいという時代
とは変わり、その教本によって指導法も様々です。
数々の指導セミナーを受講し、どんな生徒さんのにも対応できる器を作れるよう
日々精進してます。

先日音楽指導法研究会「名古屋ぴあのクラブ」が設立され、店員25名の中に推薦され
入れていただける事になりました。
ピアノコンクールで生徒さんを多く入選されてる先生や、生徒さんが100名くらい
いらっしゃる方や、とにかく勉強熱心な先生方の集まりです。
通常はディスカッション形式ですが、時には遠方から有名な先生をお招きし講座を
開いていただいたりもします。緊張しますが、学ぶ事は好きな方なので、
今から楽しみです。
常に多方面にアンテナを張って学び、少しでもみなさんが
「来てよかった!」という教室になるよう頑張っていきますね。

 そう継続は力なりですよ。




レッスン風景、新着ニュース等 お届けします

プリズム

Author:プリズム