FC2ブログ
2012 / 07
<< 2012 / 06 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 - - - - 2012 / 08 >>

prism通う生徒さんの中には、中学校で吹奏楽部に入部
されてる方が多くいらしゃいます。
南中吹奏楽部は、厳しい事も有名で、レッスンでは「今日も先生の機嫌悪かったとか
外に出されたとか・・」まずその辺りの愚痴で始まる事も多々あります。
吹奏楽部に入ったら、ピアノの練習量が多少減っても、くたくたに疲れてるだろうから
しょうがないかな〜と納得するくらいです。
この夏休みもお弁当持ちで終日部活あり
それもコンクールにむけての練習のためです。

先日25日瀬戸文化会館で愛知県吹奏楽コンクールがあり、私もレッスン
の都合をつけてみんなの応援に行って来ました。
張りつめた緊張の中難しい曲をまとめあげ、厳しい練習の結果なんだろうなと思うと
胸が熱くなりました。

結果発表まではいれなかったので、どうだろうと気にしてたところ
何と県大会出場! の知らせを受け
一人でガッツポーズ
私の記憶の中では、この十数年の中で2回目でしょうか
娘もずっと同じ様に、吹奏楽部で県大会を目指して頑張ってたのに取れなく
悔し涙を流した口なので

その後レッスンでよかったね。みんなで涙を流して喜んだの
とテンション上げ上げで話はじめたら
3年生のSちゃんは「県大会の練習で、また受験勉強するのが遅れる〜
まじやばい」と意外にさめててビックリ!
県大会出場なんてなかなか経験できないと思うんですがね。
悔いない様に、後一踏ん張り頑張ってね

また、さすが吹部前向きな姿勢と驚くのは、この忙しいコンクールの練習の中、
2学期に行われる合唱コンクールの伴奏を引き受けたいという方が何名もおり、
その意欲に拍手喝采です。
何とかオーデーションで受かる様に、この夏休みは遅れた分ピアノに力を
入れなくっちゃね。
私も全力投球、指導していきますね。





先週から急遽ソルフェージュの時間を利用し、音符カードを正確に何分で読めるか
題して「譜読みコンクール」をしました。
P1000391_convert_20120720233359.jpg
中高生は加線3本までの42枚全カード、高学年は加線2本まで37枚、幼稚園、低学年は加線なしの23枚
「位置について、よーいドン」でストップウオッチをスタートと同時に、
 カードをシャッフル
いや~競争だとなんでみんな血がさわぐというか、燃えるんでしょう
ピアノでもあの真剣な表情見たいものです。
(結果発表)
中高生の部 1位 河村菜々子ちゃん 1分4秒
高学年の部 1位 河村珠美ちゃん  1分10秒   河村シスターズ強いですね
低学年の部 1位 堂森未有ちゃん  1分2秒

 譜読みはもちろん音符を読む事だけではありませんが音を読むという事がかなり
 占めています。
 プリズムの一番のねらいは導入期の土台作り、譜読みをきちんと出来る子を
 育てる事です。
 今回あらためて、どの子もゆっくりでも、きちんと譜読みをする力が付いてる事を実感
 しました。
 コツコツと指導したかいがありました。
 でも実践になると生かされてないのは何でなんでしょう??
 
 次回はいかにカードの音を瞬時に弾けるかのコンクールをやりますね。 
  


梅雨明けをしたとたん、このうだるような暑さ
エコにしなければと思いながら、レッスン室はクーラー全開
明日は待ちに待った終業式、楽しい夏休みはすぐそこまで来てますよ。

夏休みのレッスン予定がなかなか決まらずすみません。
夏休みばかりは私の一存では決めれず、特に我が家は超多忙な娘に合わせてるので
8月レッスン_convert_20120719234536

☆8月は調整月なので、3回レッスンになります。
 カレンダーの青の所がお休みですので、ご確認下さい。
☆変則的ですみませんが、9月にイベントに出演予定があり、
 金曜レッスンの方は8月を4回レッスン、 9月を3回レッスンにさせていただきます。
☆8、9月共にご都合の悪い方は、ご連絡下さい。振替させていただきます。

9月レッスン_convert_20120719234847

夏休みは暑い時だからこそ、お部屋で過ごす時間が多くなりますね。
上手に時間を使うと、ぐーんと伸びるのもこの時期です。
家族で思い出作りも大切ですが、ピアノに向かう癖付けが出来るといいですね。
普段出来ない大曲にチャレンジするのもいいかもしれませんね。


昨日の七夕は10数年ぶりの晴天で、梅雨の時期に
彦星と織姫のデート現場、もとい天の川はなかなか見られないそうです。
みなさんは見られましたか?
私は昨夜、同級生のライブがあり、外出していたのに、帰り道はほろ酔い気分で
天の川を見るのをすっかり忘れてました。残念
P1000383_convert_20120709000943.jpg

でもリビングの観葉植物に家族で短冊に願い事を書いて飾りました。
数年前は、小さい生徒さんが多かったので、レッスン室に笹の葉を飾り、
願い事を書いてもらってたんですがね。
圧倒的にピアノが上手になります様に☆が多い中、私一人、キムタクに会えます様にって
書いていたような・・お恥ずかしい
さすが今年はその願いは断念しました。

みなさんはどんな願い事したのかな?

久しぶりのブログ掲載です。
先回やっとブログも生活の中に身に付いてきたと言ったばかり
なのに、この有様プライベートで忙しく
夜はバタンキューだったので・・(言い訳たらたら)
今日は書けなかった分たっぷり3連発!いきますね 

①パッカッションワークショップ
P1000373_convert_20120706105638.jpg
さてこれは何でしょう?
一見木箱の様に見えますがカホンという立派な楽器(パーッカション)です。
知り合いの方に手作りで作っていただきました。
ペルーの楽器なんですが、最初はタンスの引き出しを叩いた事から、この楽器が作られたそうです。
だからといって、家のタンスをたたいちゃだめですよ
お友達のアルファミュージックさんでパーカッションのワークショップ(6回講座)
があり、6月14日と23日の2回続けて受けて来ました。
軽く叩くだけで結構いい音が出るのに、無機になってたたいてたら、手がはれて、
その日は湿布をして寝たぐらいです。
決して誰かの顔を思い出しながら、叩いてた訳ではありませんので
もちろんリズム感も養われますし、ストレス解消にもなりますので、
是非みなさんいっしょにやりましょう。
レッスンでもソルフェージュのリズム打ちも、時にカホンを使ってやっていきますからね

②シロクマ出現!
P1000379_convert_20120706105842.jpg
「こんにちは」とレッスン室のドアを開けると、シロクマが登場
のシチュエーションにみんなびっくり
何これ?くま?いぬ?(失礼)先生作ったの? 可愛いかわいいと
レッスンそっちのけで触りまくり(良い子はさわらないでね)
今週火曜日にお友達からバルーン講座を受け、久々に大作作ってきました。ピアノの高さくらいはあります。
「蒸し暑い中シロクマがいると涼しくなるでしょ」っと生徒に一言
そのギャグが一番さぶいらしいです。
帰り際にお母様にバルーン欲し〜いと、だだをこねてたMちゃん
刺激になるような物を置いてすみません。
イベント、お誕生日いつでも制作しますから、お気軽に声かけて下さいね。

③カウセリング室

6月末から中学校の期末テストが行われ、その前後で、お休みされた方が多く
今週は久々にレッスンに登場という方が数名いらっしゃいました。
昨年辺りから、中学生の方はテストで来れない時は、無理に振替るのではなく
割り切って、お月謝からその分を引かせていただくという事にしました。
そのせいか、誰一人辞めると言わず、細い線ではありますが頑張って繋がって
くれています。
でも、レッスンでの始まりは、部活や日常生活のお話から
この変でお話ソルフェージュ終りね。と区切りをつけレッスンスタート。
こんなカウセリング室のようなピアノ教室でいいのか悩んでましたが
先日Sちゃんのお母様からメールで、お子さんに「中3の受験の時だけでも
レッスンお休みしたら?」と提案したところ、「絶対辞めない。」と言われたそうです。
それはSちゃんにとってレッスン室が心の拠り所になってるからです。と言われ、
救われた気がしました。
6年生のTちゃんも「ここが一番居心地がいい」と、なかなか帰らず、宿題をやったり・・
私は未だに幼い頃通ってたピアノ教室の前を通ると、ドキドキしてるので、レッスン室が
そんな存在になってくれてる事はとても嬉しい限りです。
大したアドバイスをしてる訳ではありませんが、今のお子さんは話を聞いてあげる場所
が必要なのかなと日々感じます。(娘の話は後回しなんですが
レッスンで音楽的な事をどれだけ伝えれるかも大事ですが、心のケアーをする事は全てに
つながり、結果音楽にも繋がって行くとご理解下さい。
年の功、私で良ければ、お悩み相談どんどんして下さい。口は堅い方ですからご安心を

7月のシルバニア
P1000376_convert_20120706234822.jpg

みなさん今から楽しみ夏休みを指折り数えてますが
シルバニアは一足早く夏のレジャーランドをテーマに飾ってみました。
もう、夏休みどこどこ行くとお話してる方もちらほらいますが、また夏休みの楽しい
計画教えてね。
8月のレッスン予定は近日中にブログ掲載しますので、ご覧下さいね。





レッスン風景、新着ニュース等 お届けします

プリズム

Author:プリズム