FC2ブログ
2019 / 12
<< 2019 / 11 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 - - - - 2020 / 01 >>

11月に入り朝夕の気温もぐっと下がり
すっかり秋めいてきましたね。
先日エントランスのシルバニアディスプレイの
為に、近くの公園でどんぐりと落ち葉を拾って
きましたが紅や黄色にすっかり色付いてました。
IMG_3522_2_convert_20191116104252.jpeg

10月31日のハロウィーンは、今年はクリスマス会
もあるという事で、自粛モード
(みすず先生の魔女のコスプレはなしです)
その週のレッスンで「HAPPYハロウィン〜」
の合言葉でお菓子のプレゼントだけしました。
みんなニコニコ顔で、レッスンバックにo(^▽^)o
帰ってからのお楽しみできたみたいです。
IMG_3409_convert_20191116104428.jpeg

さて、クリスマス会の申し込みも終わり、皆さん会に向けて、練習に励んでます。
残念な事に中高生さんの参加は1名のみでしたが、小学生の生徒さんまでは、99%の参加率🌟
さすがprismの生徒さん❤️イベント好きは、私と同じ?
有難いです。

今回演奏したい曲数(ソロ、連弾)レベルは生徒さんに委ねましたが、練習期間も短い中、皆さん前向きに、新しい曲やレベルの高い曲にチャレンジする方、ソロ、連弾2曲演奏する方ととても意欲をを感じ、嬉しい限りです。

プログラム進行はまだ決まってませんが、演奏会前半はクラッシック、ポピュラーの小品を集め、後半はクリスマスソングを集め会場の方にもクリスマス気分を味わっていただけたら、と思ってます。
オープニングのハンドベル演奏も年少さんを初め可愛い生徒さんが5人で「赤鼻のトナカイ」を演奏します。
きっと、心温まる、微笑ましい演奏になると思いますよ。
楽しみにしててくださいね。(*^_^*)

ここで嬉しいお知らせが
来年の発表会2020年11月15日(日)
文化の家 風のホールに決まりました!!
例年、会場の抽選会の倍率が高くなり、7月・・落選10月・・落選
そして11月・・
なんと53名の中1番くじを引き当てました
\(^o^)/
(全ての運を使い果たしちゃったかも)
丁度今ぐらいの過ごしやすく、定期試験前の落ち
着いた時期かと思います。
ピアノも2台借りれましたので、2台ピアノも予定してます。
来年のお話ですが、いい時期ですので、旅行の予定など外して、今から予定しておいてくださいね。
是非、全員参加で素敵な会を作りましょうね。🎵


大型台風19号が迫り,今日は一歩も出れず
こもってブログ書いてます。
幸いにも東海地方の被害は少なかった様ですが
関東地方の方は大きな被害が出た様で、心より
お見舞い申し上げます。

普段お休みは、お出かけしてリフレッシュして
ますが、台風のお陰で、たっぷり時間もでき、その余暇を利用してクリスマス会の選曲・・をする事ができました。
そう!今年は4年振りにクリスマス会をすることに致しました。
今までは、発表会のない年に、クリスマス会等のアットホームな会を行ってましたが、発表会の時期が11月、12月であったり、グループレッスンを行ったりで、なかなかタイミングが合わず、こんなにご無沙汰してしまいました。

どんな会でも、企画、指導、準備と大変なことは予想されます。
今年は5月に発表会を行ってますので、開催するか悩みましたが、発表会後、目標がなく練習に力が入らない方も見受けられたり、また幼稚園さんや新しい生徒さんも増えた事ですので、「何かみんなでやりたい!」とイベント好きな私のスイッチが入っちゃいました。
また、皆さんの楽しんでいただける会にするつもりです。
共に頑張っていきましょうね。

日程12月22日(日))長久手市公民館 研修室

「演奏会」で弾く姿勢、聞く姿勢を持ち、「お楽しみ会」で生徒さん同士、ご父兄様同士、相互間の繋がりを重んじる、そんなアットホームな会です。
今回はプログラムもお子さんの意思を尊重し、レベル、曲数を決めて行くつもりですが、来ていただいた方に、少しでもクリスマスを味わっていただける内容にするつもりです。

クリスマス会の目玉でもある今回の「企画」は
音楽物語「わたし、ピアノすきかも」の絵本をスクリーンに映し出し、読み聞かせをする事にしました。
IMG_3370_convert_20191013000457.jpeg

作曲家「轟千尋」さんが作曲家からこんな風に楽譜を感じて取って欲しいという思いを、児童向けにまとめた可愛らしい絵本です。
ピアノを習ってる皆さんには、ぜひ紹介したいと思ってたので、今回その機会をいただけ、とても嬉しいです。
挿絵は本来、白黒なんですが、美大に通う卒業生の河村姉妹さんに、色をつけてもらえないか依頼した所、即答で「ぜひやらせて下さい」と快く引き受けてくれました。(感謝!感謝!)
どんな絵本に仕上がってくるか!それも楽しみにしてて下さいね。
小さいお子さんも、ご父兄様もシアタールームの様な感じで、ご覧になっていただけたらと思います。

会の締めは、もちろんワイワイ!ゲーム大会
レッスン室では見られない顔をみれるのも楽しみ❤️
年甲斐もなく、みすず先生弾けますよ〜
今から体力蓄えとかなきゃね(#^.^#)

さあ!クリスマス会に向けてGO❗️

長い夏休みも終わり、ようやく明日から新学期
思い出の詰まった時間をそれぞれ過ごされたようで
すね。
レッスンも10日から18日までたっぷりお休みを
いただき、この機会に認定試験の課題曲の見直し
クリスマス会の構想を考える・・todoリスト一杯
だったのが、一つもできず・・反省
ピアノを離れ大いに遊ばせていただきました。
休み明けのレッスン、こげぱんの様に日焼けした生徒ちゃん登場。
「○○に行ってその後すぐ○○に行って・・
ピアノ全然できなかった〜」
「うん。わかる」
先生もそうだったからと心の中でつぶやき
「ピアノが後回しになっても、この夏しかできない思いで作りも大切だからね
ピアノは、次に挽回すればいいよ。」と初回は旅のお話も含め、ゆるゆるレッスン。

また休み明けレッスンでお土産物産展の様に
mEhXNVrgSc2I82QiF91cQA_convert_20190901234006.jpg

北は北海道から南は九州、ロスのディズニーランドまで・・
各土地のお土産をいただきありがとうございました
旅先で私の事を思い出してくれただけでも嬉しいのに、日本だけでなく世界を旅できた様で、食べながら幸せ気分になれました。(やばい!体重は上昇傾向)
直接御礼を言えなかったご父兄様もいらっしゃるので、この場を借りて御礼申し上げます。

もちろんおサボりしてる方ばかりではありませよ。
この夏休みを上手に使い、難しい曲にチャレンジしたり、合唱のオーディションに向けて練習に励んでる方も何人かいらっしゃいます。

中でも、中1でprismを卒業され、この中3の受験期に、ピアノのレパートリーを増やし、また合唱の伴奏をやりたいからとカムバックしてくれたSちゃん
小5で卒業された方が高3になり音楽の進路を考えてるから、もう一度ピアノを始めたいとYちゃん
嬉しいメールが届きました。

辞める時に「いつかまた弾きたくなったら戻っておいで」
と見送りますが、ちゃんとその言葉覚えててくれたんですね。
久々にレッスン室に見えたSちゃん
ブランクがあったはずが、合唱曲の譜読みもバッチリ
メロディーの歌わせ方なんて、昔より上手になってる。
吹奏楽で学んだ事もあるかもですが、歳を重ね、悲しみや喜び、色んな経験をした証なんでしょうか。
感性に関しては、答えを導き出すレッスンじゃなく、自分で得たものに勝る物はないですからね。

この夏は私にとっても喜ばしいお知らせをいただいた夏休みでした
卒業生さんが戻って来てくれた事ももちろんですが
発表会を見に来られた生徒さんのお友達が、演奏を聴きとても皆さんのレベルが高いからと、教室を変わりたいと体験にいらして下さったこと。o(^▽^)o
先日ブログでお話した東京にお引越しされたご姉妹
さんが、新しいピアノ教室でピアノを演奏した際に、1年でここまで演奏でき、譜読みもしっかりできてると驚かれ
改めてみすず先生の指導の素晴らしさを知りました。
と言っていただいたことo(^▽^)o
そして、この気まぐれで書いてるブログを読まれ、指導のあり方、子供に対する思いに共感を持っていただき、うちの子を習わせるには是非prismでとFBからお問い合わせいただき、入会に至ったことo(^▽^)o
全て、この数十年試行錯誤で頑張って来た事が認められた様で、本当に嬉しく思い、また自身にも繋がりました。

ご立派な先生が一杯いらっしゃる中、prismを選んでいただいた事本当に、嬉しく思ってますが、私も家族がおり、愛情を持って育てていける人数(レッスン枠)があります。
それが今現在MAXに達してます。
今回訪ねて来ていただいた方も、何とか見てあげたいという気持ちはあるんですが、どこかで線引きするという事も必要かと、空きが出るまで待っていただくか、他の先生をご紹介させていただいてます。
本当に申し訳ない気持ちで一杯ですが、どこかで、音楽をピアノを続けて行ってくれれば、嬉しいです。
また、空きが出た際にはお知らせさせてもらいますね。

(9月のシルバニア)
Y38hqg2LQzGMEl3I36hCww_convert_20190902085950.jpg
シルバニア村ではすっかり秋の気配
赤とんぼも飛び、お月見してます。

早くレッスン室にも涼しい風が吹いてほしいですね。








発表会から早、2ヶ月・・だけど
ずっとずっと昔の出来事のよう。
prismを卒業された生徒ちゃん、そして新たに仲間入りされた生徒ちゃん。
まさしく新旧交代のこの2ヶ月、お互いに緊張してた表情も緩み、私のサブーーいギャグにも付き合ってくれるように(うん。うん。いい感じ)
他の教室から移られてきた、譜読みの全くできなっかった方達も、少しずつ読めるようになり、ご父兄さん達も喜んでくださってます。
この調子で頑張ってね!

先月半ば、ようやく発表会の写真(ソロ、連弾、集合写真)が仕上がり、写真屋さんから届きました。
卒業された生徒さんには郵送してお届け。

先日素敵なサプライズをしてくださった、東京にお引越しされたNさんご家族にも、何かの形でお返ししたいと、発表会の写真をボードにレイアウトして、送りました。
7hZJIvnOS5mQceIOLchPSg_convert_20190706170039.jpg
その後、3姉妹ちゃんから、喜びのビデオレター
が届きました。(残念ながらアップできませんが)
「みすず先生〜❤️・・・・
その一声を聞いただけで、あまりにも可愛いく
ウルウル。泣けました〜(;д;)
すごく喜んでいたでき、リビングに飾っていただ
けるとか。(ありがとう)
時に、レッスンの事、発表会の事、そして私の事も思い出してね。

他のお母様からも、写真が届いたと御礼のメール
そしてその後の様子も聞けました。
ほとんどの方はあれから、ピアノに触ったのは2回
だけです。とか全くです。と
そんなものなんですね。
ちょっとショックでしたが、まずはピアノの練習をしなくてもいいという開放感がいっぱいで、触る気にはならないかもですね。
ずっと走り続けてきたので、まずは小休止。
もう少し時が経てば、きっとまたあの曲弾いてみようかな〜なんて気持ちになるはずですよ。
みんなピアノ好き!っていう気持ちで続けてきたはずだから。
その日が来るのを待ってます。

そのお母様達のメールの中、唯一キラッと光るメールが届きました。
そう、あの我が教室のホープくんのお母様からです。

Tくんは卒業された訳でなく、高3の受験生さんなので、一旦休会し受験が落ち着いたら、また戻るとお約速してた生徒さんです。

まだ受験モードではなくても、ピアノに少しは触ってくれてるかな・・・?と思ってたら
「息子の部屋からピアノの音が聞こえるんです。
それも英雄ポロネーズだと思うですけど。」
盗み撮りした動画を送って来てくださいました。
確かに、まだたどたどしいけど英雄ポロネーズでは?
この曲は大好きどけど、難易度も高いので、いつか弾けれるようになるといいね。と温めていた曲
「楽譜はあったんですか?」
「どうやら無料ダウンロードをして、 ipadを見ながら、練習してるんです」と
そんな健気な〜
即「楽譜コピーしてお渡ししますよ」とお返事

お母様の「単純にピアノに触れていることだけでも
嬉しいのに、さらに新しい曲にチャレンジしたこと
また更にその曲が英雄ポロネーズであることが
嬉しくてたまらない」とおっしゃってました。

私も同じ思いで、またその曲がお父様の大好きな曲
であり、あんなに難しい譜読みを一人でやろうという前向きな姿勢もすごく立派で、本当喜ばしかったです。


Tくんも教室へ訪れた時は、譜読みも怪しかったのに・・と思うと成長した姿に感無量になります。
教室から離れても自分の好きな曲を独譜できるようになって欲しい。それが私の理想の形で、そういう意味でも導入期のお子さんの譜読みには力を入れて来てます。

今、譜読みを頑張ってる生徒ちゃんも、今は大変だけど、ぜひ後に続いて欲しいです。

そして、その後もお母様に隠し撮り任務をお任せしましたのでこの先、どう仕上がっていくか楽しみにしてますね。





発表会後たっぷりお休みをいただき、14日から
レッスンスタート♫
まずは、発表会どうだった?と感想を聞き、
「楽しかった〜」「みんな上手くてびっくりした」
「間違えちゃったから、悔しい」と様々な感じ。
私の中では上手に弾けてたと思ってた子も、満足し
てない様子
自分の最高な演奏を知ってるだけに、一つ、二つのミスも悔やまれるんでしょう。ウン⭐️それもわかる。
「でも、ミスの数より音楽的にどう表現し演奏できてたかの方が大事だよ。そしてそれができてたんだから、自分に合格点あげよう」とめげてた子にも励ましの言葉

普段付き添わないお母様も見え、発表会お世話になりました。と気の利いた贈り物色々いただきました。
本当、いつもお気遣いありがとうございます。
そして、メールとは違う生の喜びの声を聞け、またまたパワー充電できました。

付き合いの長い、中、高校生さんが何人か卒業され、その枠に新しい生徒さんが何人か入り、カリキュラムはほぼ変わらないんですが、やっぱりその子が通ってた曜日、時間になるとその子の顔が浮かんでくる。
ちょっとセンチになってた頃です。私宛に郵便が届きました。
宛名は3月に東京にお引越しされたNさんのご家族からでした。
先回のブログにも紹介した、4月はお引越し先から通い頑張って発表会に出演されたご姉妹さんです。
贈り物の中にアルバムが・・何?何?
表紙に手書きのピアノの絵、一生懸命とても上手に描いてありました
fullsizeoutput_4bc_convert_20190524224703.jpeg
中を開けると今まで(4年間)prismで過ごした様子が発表会だけじゃなく、ハロウィーン、グループレッスン・・
コメント付きで編集してありました。
わあ〜〜〜♪───O(≧∇≦)O────♪凄すぎる1!
まずうれし涙
fullsizeoutput_4be_convert_20190524224757.jpeg
わあこんなに小さい時から通ってたんだ。こんな曲二人で連弾したんだな〜とか様々な思い出が蘇ってきました。
最後のページにはお二人からそしてお母様からのお手紙が入ってました。
fullsizeoutput_4bb_convert_20190524224905.jpeg

お姉ちゃんのKちゃんはよくレッスンで涙してた子でしたが
「泣いたこともあったけど、ピアノはすごく楽しく、いろんな思い出があって、みんなに自慢したいくらいです、先生の事は絶対忘れません」と朝から泣かせてくれるね〜(T_T)

続いて妹ちゃん、お母様からのお手紙を読み、ホント素敵なサプライズプレゼントに胸が熱く、ピアノ講師やってて良かったと思える瞬間、宝物また一つ増えました。

初めてのお子さんや他の教室から移られてくる方のレッスンは軌道に乗るまで、正直パワーを何倍も使います。
でも、またprismに通って良かったと思っていただけるお子さんを一人でも多く育てていきたい。
喜びと力をもらえた素敵な贈り物でした。
Nさんありがとう。

レッスン風景、新着ニュース等 お届けします

プリズム

Author:プリズム