FC2ブログ
2019 / 02
<< 2019 / 01 - - - - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 - - 2019 / 03 >>

新たな年を迎え、早1ヶ月
遅ばせながら、あけましておめでとうございます。
今年もマイペースいやローペースですがブログ
更新していきますので、よろしくお願いしますね。

年末年始とたっぷりお休みをいただき、1月7日
からレッスンスタート
「あけましておめでとうございます」の挨拶から始
まり、例年ですと音楽かるたで楽しくレッスンを
スタートしてたんですが、残念・・
発表会前という事もあり、「ごめんね即ピアノ弾い
てもらうね」
なんとも味気ないレッスンの幕開けとなってしまい
ました。

年末年始と慌ただしく、ピアノもあまり練習できな
い事も想定してましたが、皆さんコンスタントに練
習してくれたみたいで、発表会のソロ曲もいい調
子で進めれてました。Good!
目標カードに前半の譜読みを1月末までと記して
た方が多かったんですが、前半どころか、全て
譜読み完了した子も結構いらっしゃいます
ブラボー!!
でも、中だるみなく、発表会で一番ベストな演奏
ができる様この調子で頑張っていきましょうね。

今回も発表会の参加率99%で、大学受験の目処がたち次第参加という方が、OKとなったらなんと
全員参加100%となります。
発表会を楽しみにしてくださる姿も伝わり、まさし
くみんなで作り上げる発表会になりそうですね。

発表会初めてさんも、数人いらっしゃいますが
そのお母様方全員、連弾にも参加してくださり
頼もしい限りです。
そういう意味では親子連弾の数が、10名と過去
最高かもです。ありがとうございます。

特に親子連弾の方には、早めに楽譜をお渡しす
るつもりではいますが、未だ決まらずです。
中にはこの曲がいいと楽譜を買って来てくださっ
たり、旬な曲をリクエストしたり、とても意
欲的な姿勢を示してくださってます。
基本的に連弾はジャンル問わず、好きな曲を選ん
でもらうようにしてますし、私の選曲Onlyですとど
うしても偏ってくるので、有難いんですが、なかな
か見合った楽譜がない事も多く、難航しております
遅くても来月頭には、お渡しするようにしますから
しばしお待ち下さいね。

今年も「見て聞いて楽しめる」発表会は変わりあり
ませんよ。
でも手作りバルーンやエンディングのスライドショ
ーに関しては、遅くまでのレッスン後の余暇を利用
して作業することも、人数も増え、指導だけでも大変な中、負担になって来てるので、今年は縮小し、見直そうかと考えてます。
例えば昨年の様にクリスマスとか、大きなイベント
を兼ねた時は、ビックに派手にとメリハリを付けて発表会のスタイルも変えて行くのもいいかなと。

この10年同じスタイルでずっとやってきた事を、変えると言うのは、勇気がいります。
スライドいつも楽しみです!と言って下さってる方
には申し訳なく、例年よりなんかスケールが落ちたみたいとか、物足りなさを感じた。と言われるのも怖いんですが、どこかで線引きをしなければいけないとも思ってます。
そして、これはあくまでも演出という部分で、本来のお子さん達の演奏を一番輝かしい状態で聞かせる
という、発表会の趣旨は全く変わりませんから。
今年がこのスタイルを続け10年という節目でもあるので、変化するいい機会かとも考えてます。
その分いい音楽を聴かせる為に時間を取るとか、
また違う形のprismの発表会を作り上げていくつも
りですのでご理解下さい。

好評である個人紹介のスライドは変わらずやります
し、企画として今回は鍵盤ハーモニカの奏者をお迎
えし、ピアノとのアンサンブルも考えてます。
楽しみにしてて下さいね。

個人紹介の写真、コメントに関しては、また皆様に
ご負担かけますが、ご協力お願いいたします。

詳細は、2月に発表会たよりをお渡ししますので、ご覧下さい。

(1月のシルバニア)
IMG_0216_convert_20190127004927.jpg
(イノシシのシルバニアはいないので、初詣で買った
干支飾りも一緒に)




今年のレッスンも26日で終え、長い休みに入り
ました。
3週間近くお休みですので、1年の中で一番長い
お休みになります。
年末年始もあり、なかなかピアノに触れれないかも
しれませんが、おサボりなく、計画立てて練習に臨
めれるといいですね。

来年5月の発表会の選曲もやっと終わり、お休
見前には、全員に曲をお渡しする事ができまし
た。
嬉しい事に、高校生の生徒さんも、4月に入会し
た生徒さんも、全員参加で迎えることが出来そ
うです。
何と大学受験の子も、受験が終わり次第復活し、出
てくれると言ってくれてます。待ってるよ〜

選曲に対する熱意も含め、皆さんが楽しみにしてる
事もすごく伝わってきました。
選曲CDを作り、お渡ししましたが、、その中ではピンと来る物がなかった〜と言われると、そこか
からがさあ大変。
特に高学年以上の生徒さんの中には、弾きたい曲
のイメージを強く持ってる子も多く、これもやる
気の表れと喜ばしくも思いましたが、選曲は例年
以上に大変でした。
レッスン前の余暇で、本棚の楽譜をくまなくチ
ェックし、ピアノを弾いて、これあの子にいいかな?難しいかな?と久々のピアノ漬け
おかげでSHIGERU KAWAIとも仲良しに慣れまし
た(笑)

でも、この曲は?7じゃあこっちは?と提案して
もなかなかOKサインが出ず、やっと「うん。
これ弾きたい!」と
最高の笑顔になった瞬間、私の任務のは終えたか と思えるくらいです。
大袈裟に思えるかもですが、会のプログラムも決
まりますし、何より数ヶ月ずっと付き合って、コ
ツコツ練習する訳ですから、選曲にはとても重き
をおいてます。

私が与えた曲じゃなく、自分の意思で決め、この
曲を弾きたいと思う気持ちが、やる気の源、挫折
しかけてもちゃんと乗り越えれるはずですからね。

どれくらの高さの山に登るか、毎回悩むところで
すが今回、結構背伸びをした曲に挑戦される方が
多いんです。
「この曲すごく難しいよ。頑張れる?」の問いに
「うん。頑張る」と約束した子達、本当に頑張っ
てますね。
届かなかったオクターブが自己練習で届く様に
なったり、 まだ習ってない両手演奏が出来た
り…
すでに子供達の可能性の大きさを感じてます。
曲を渡す時に、恒例目標カードを渡してますが、
その目標通り進めてる子がほとんどで、とても
順調に、いいスタートを切ってます。
中だるみなく、この調子で後数ヶ月頑張って行き
ましょうね。

今年1年を振り返ると、発表会は行いませんでし
たが初、の試み、8月のグループレッスンはいい経
験になリました。
5月の発表会で何か活かせればいいな。と思って
ますから。乞うご期待!
そして何と言っても今年1番の出来事はレッスン
室のリニューアルですね。
庭のリフォームも先日終わり、prismの表札もつけ
たんですよ。
このネームタイル3月にトルコ旅行で買い、温めておいた物です。やっと飾れて嬉しい!

IMG_0215_convert_20181230104956.jpg

新年初のレッスン、新たな気持ちで臨めそうで
すね。(1月7日スタート)
今年も1年皆さんに支えられ、楽しくレッスンを
行う事が出来ました。

来年もよろしくお願い致します。





先回のブログでチラッと書きましたが、そう。
10月29、30日をお休みをいただき
土日を含め4日間でレッスン室をリニューアルしま
した。
きっかけは、憧れのピアノSHIGERU KAWAIの
ピアノを購入したことにより、せっかく素晴らしい
ピアノが来るなら、綺麗にしてお出迎えしたい!
という事から、改装計画が始まりました。
以前から、前後の生徒さんが重なり、それもご姉妹
さん、お母様が付き添いさてると、6畳間のレッ
スン室がギュウギュウ詰め(酸欠状態)
私の中でもストレスを感じる部分で、何とか過ごし
やすい環境の下でレッスンをしたい。と常々思って
ました。
増築案も出ましたが、予算が合わず断念。
何とか、家具を変え、レイアウトを変えて、過ごし
やすい環境にできないかと、この数カ月はメジャー
を持ち、家具屋、雑貨屋、ホームセンター.巡り
限られたスペース、予算の中でしたので、本当に
大変でしたが、ない知恵を絞り、何とかお母様の
待てるスペースもできました。
たった1部屋ですが、24年間、開かずの間だった引き出し、大量の楽譜の整理、家具の撤去、搬入本当クタクタになりましたが、結果満足できるレッスン室になったかな?と思ってます。
まずは、語るより見てください。
ジャーン!
IMG_0180_convert_20181109000318.jpg
(SHIGERU KAWAIのピアノ&全貌です)
IMG_0175_convert_20181109000238.jpg
(お母様の待合スペースです)
IMG_0178_convert_20181109000351.jpg
(大きい本棚、机はスッキリ、椅子はベンチチェスト)
IMG_0177_convert_20181109000456.jpg
(カーテンはロールスクリーンに) 
IMG_0176_convert_20181109000425.jpg
(音楽教室らしく音符ちゃんのオブジェ)

11月1日からリニュアルした教室でレッスン
スタート。
扉を開けた時の生徒ちゃんの驚いた顔、半端ない
まさしくドヤ顔(*゚Q゚*)
わあーーー!!すごい!全然違う
「さあ、何が変わったか10個言って〜」の
問いに
「えっと、机・椅子・本棚・・・」
「あれ?まずピアノじゃない?」
「本当だ!変わってる」
「同じ形だと代わり映えがない?」
「さあ!実際に触って響きの違いを聞いてね」
とレッスンスタート
大きい生徒さんは弾きやすい。響きもいい
とうっとり♡(上手に聞こえたのはピアノのせい?)
この私もまだバタバタでじっくり触ってません
が、響きは数段いいですね。
(買って良かった〜)
お母様の反応も予想以上で、凄い、凄い!を連発
するお母様、ピアノの響きを楽しみ、お子さん
の演奏をスマホで録画するお母様、リアクションも
様々でしたが、皆さんに喜んでもらえた姿をリアルに感じ、苦労した甲斐がありました。
まだ、見てないお母様、送り迎えの際にでも、是非立ち寄って下さいね。

お互いに慣れない環境でのソワソワのレッスン
でしたが、1週間経ち、何処に何をしまったかも
かなり把握でき、やっと落ち着いて来た所です。

発表会の申し込書も渡し、選曲も始まり出しました。
いいピアノ、環境も整いましたよ。
さあ、後は前に進むだけ。発表会に向けてGO!
(私もピアノを弾きまくらなくっちゃ)

気分も新たに頑張りましょうね。

公園の木々も色づき、紅葉を楽しめる秋真っ盛り
朝夕の寒暖差も激しく、風邪を引きやすい時期で
す。
くれぐれも体調管理には気をつけましょうね。

芸術の秋でもあり、学習発表会、文化祭、合唱祭と
学校行事も盛んな時期です。
prismの生徒ちゃんも2名合唱の伴奏に選ばれ、
10、11月とその舞台の演奏を聴きに行ってきまし
た。
一人は先日ブログで紹介したMちゃん。
この日を迎えるまでに色々あった事が蘇り、立派に
演奏する姿にウルウル、感無量でした。
(お母様は私以上だったでしょうね)
そして、子供たちの精一杯歌う姿は、本当に胸に響
きますね。

さて、さて芸術の秋 音楽を楽しむだけでなく
イベント重視のprismでは、ハロウィンをささや
かながら楽しみました。
10月22日から27日までをハロウイン週間とし
レッスンの中で、仮装をして来てもらい、写真撮影
そしてドレミカードでスピードのゲームをし、お菓子のプレゼントをしました。
今回は大げさに宣伝してなかったので、仮装してく
れた方は、3分の1くらいでしたが、こちらで用意
したグッズをつけて、ハイポーズ⭐️
中でも、ひよこの着ぐるみは大人気!
(なんでそんなのあるの?
決して自前ではありませんから。念のため)
年頃男子くんはハードル高かったけど、無茶振り
得意
そして、そんな先生のキャラも知ってる・・
スマホ向けたらみんな笑顔(^∇^)
入会したばかりのお母様も妹ちゃんも巻き込んで
またまた無茶振り
その写真をプリントして、リニュアルしたレッスン室の大型ボードに飾りました。
皆んなの笑顔いいね😊
IMG_0179_convert_20181108095958.jpg





長ーい夏休みも終わり、気候も良くなり
レッスンも本腰に入れれる絶好の季節
だけど今年は台風の数も半端なく、レッスン
もかなり影響受けました。
予定してた運動会が何度も延期になったとい
うお話も聞きました。
もう落ち着いてくれますよね。
芸術の秋!大いに音楽楽しみましょう。

さてさて、グループレッスン後のこの1ヶ月半
様々なドラマがありました。(それは常々?)
ピアノ講師は、ピアノの技術アップを目指し、それ
に伴いメンタル面、つまり心のケアーを常に管理
していかなくてはいけません。
ピアノは心で弾くだけに、心が元気でない時は
やっぱり練習もダウン。
私の言葉かけ一つで、やる気になったり、
落ち込ませたり・・
本当に難しいな〜と思わされたある出来事を
今回はお話させてもらいます。
(長くなりますよ〜)

高学年のMちゃんはシャイで、未だ小声でしか
お話できませんが、ピアノのセンスも良く、やる時
はやる!頑張り屋さんの生徒ちゃんです。
そのMちゃんが合唱のオーデションを受けたいからと楽譜を持ってきたのは、夏休みのお話です。
もちろん、譜読みはすでに終え、ざっくりですが
難しい曲を最後まで弾けるようになってました。
「えらいね!一人でここまで弾けるようになって
るのはすごいね」
とまず、オーデーションにトライする事も含め
よく頑張って来た事を褒めました。
「でも、オーデションは弾けて当たり前の世界だよ。
Mちゃん本当に受かりたいなら、この上の演奏を
しなきゃ無理だけど、本当に勝ちに行く?」
と意思を確認
「うん。頑張る」と二人の意思もピッタンコ
じゃあ、先生もガチンコで教えるね。とポイントを
細かく指導しました。
次の週には、弾き込んできてくれた演奏を聞くのを
楽しみにしてました。
翌週のレッスン
お母様がまずいらっしゃり
「あれ?Mちゃんは?」
「'私1人なんです」
「えっ!」まだ状況の呑み込めない私。

「先生のレッスンを受け、私も先生のお話を聞き
Mに色々頑張るようにと葉っぱをかけてしまいま
した。
その後、殻に閉じこもってしまい、ピアノどころか
全てにやる気を失せてしまったたみたいなんです」

「えっ!」まさかの展開にびっくり!(;゜0゜)
その日は30分お母様と子育てや、思春期の難しさ
など、ピアノ講師の枠を外れ、少しだけ子育ての先
輩なので、お話させていただきました。
Mちゃんにとって良かれと思った一言が、Mちゃんにとってプレッシャーになってしまったかもしれません。
深く反省。゚(゚´Д`゚)゚。
お母様とオーデションは一旦諦め、まず普段通りに
生活できる様、見守って行きましょう。
まずは、レッスン室に来れる事を目指しましょう。
とアドバイスさせていただきました。
翌週のレッスン
Mちゃんきてくれるかな?ドキドキ
インターホン越しにMちゃんの姿が見え、小さくガッツポーズ。
まず、私の投げ掛けた言葉が傷つけたのならと
謝り、その後お母様も交え、お話をしました。
「今、Mちゃんは思春期というモヤモヤ病にかかってて、普段平気な事でもすごく傷ついたり・・怒れたり・・
自分でも気持ちのコントロールができないんだよね。
でも、これは病気じゃなく、お母さんも、先生もかかった大人になるまでのステップだから、いつか曇り空から、晴れ間になる時があるから、焦らない事だよ。」といつものくだらないギャグも交えながら
私ながらにお話をしました。
その中にピアノは嫌いになってないという事を聞き
内心ホッ❤️

そしてオーデションは受けたくないけど、この合唱曲は好きという事だったので、じゃあレッスンのレパートリーとして弾いていこうかと提案。
その日も、全然ピアノに触ってないと言いながらも、Mちゃんらしい演奏を聞かせてくれました。

その後、お母様から連絡があり、急遽オーデションを受ける方が辞退され、先生にMちゃん弾ける?と
一人オーデションをされ、結果先生にも認められ
合格したという嬉しいお知らせでした。
「先生が好きな曲なら、弾き続けたらと言っていただいたお陰で、日々弾いてた事で、急なオーデションにも望む事が出来たのも、先生のお言葉があったからです。」とお母様から喜ばしいお言葉
オーデションに受かってからのMちゃんは
あの塞ぎ込んでたMちゃんは何処へ?
晴天全開!モヤモヤ病はなんだったの?てくらい別人の様に頑張ってます。
そして、学年の代表にもなり、この11月群音の大舞台でも演奏することになったんですよ。
(((o(*゚▽゚*)o)))
メデタシ、めでたしチャンチャン♫で終わりましたが
お母様と、本当に子供には振り回されますね、と
肩を撫で下ろし、フッーーと安堵の溜息

でも、私の言葉掛け一つでお子さんをポジティブに
もネガティブにもさせてしまうだけに、慎重に言葉選びをしなければと、思わされた今回の出来事でした。

(ご報告)
1、10月21日から26日までをハロウィン週とし様々なグッズを用意しときますので、簡単写真撮影をします。(お菓子のプレゼントあり)
2、兼ねてから憧れてたSHIGERU KAWAIのピアノを購入しました。
それに伴い、レッスン室の模様替えをします。
ピアノの素敵な音色も含め、送り迎えの際にでも
是非お立ち寄り下さい。
3、発表会の申し込み書を11月にはお渡しします。 発表会もレッスンの1回とみなしてますので、出演のするorしないの選択枠は設けてませんので、全員参加でお願いします。
今年から、やむ得ず出演できない方の振替レッスンは、ご遠慮させていただきます事、ご理解下さい。

選曲CDも作ってます。またお家でもご一緒に選曲にも参加していただけたらと思います。
その前に、高い山に登る為にも、日々の練習の癖付けをしておきましょうね。


(10月のシルバニア)
IMG_0010_convert_20181014234711.jpg

早々とエントランスはハロウィン色全開で
ディスプレイしました。
レッスン風景、新着ニュース等 お届けします

プリズム

Author:プリズム