FC2ブログ
2018 / 11
<< 2018 / 10 - - - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 - 2018 / 12 >>

先回のブログでチラッと書きましたが、そう。
10月29、30日をお休みをいただき
土日を含め4日間でレッスン室をリニューアルしま
した。
きっかけは、憧れのピアノSHIGERU KAWAIの
ピアノを購入したことにより、せっかく素晴らしい
ピアノが来るなら、綺麗にしてお出迎えしたい!
という事から、改装計画が始まりました。
以前から、前後の生徒さんが重なり、それもご姉妹
さん、お母様が付き添いさてると、6畳間のレッ
スン室がギュウギュウ詰め(酸欠状態)
私の中でもストレスを感じる部分で、何とか過ごし
やすい環境の下でレッスンをしたい。と常々思って
ました。
増築案も出ましたが、予算が合わず断念。
何とか、家具を変え、レイアウトを変えて、過ごし
やすい環境にできないかと、この数カ月はメジャー
を持ち、家具屋、雑貨屋、ホームセンター.巡り
限られたスペース、予算の中でしたので、本当に
大変でしたが、ない知恵を絞り、何とかお母様の
待てるスペースもできました。
たった1部屋ですが、24年間、開かずの間だった引き出し、大量の楽譜の整理、家具の撤去、搬入本当クタクタになりましたが、結果満足できるレッスン室になったかな?と思ってます。
まずは、語るより見てください。
ジャーン!
IMG_0180_convert_20181109000318.jpg
(SHIGERU KAWAIのピアノ&全貌です)
IMG_0175_convert_20181109000238.jpg
(お母様の待合スペースです)
IMG_0178_convert_20181109000351.jpg
(大きい本棚、机はスッキリ、椅子はベンチチェスト)
IMG_0177_convert_20181109000456.jpg
(カーテンはロールスクリーンに) 
IMG_0176_convert_20181109000425.jpg
(音楽教室らしく音符ちゃんのオブジェ)

11月1日からリニュアルした教室でレッスン
スタート。
扉を開けた時の生徒ちゃんの驚いた顔、半端ない
まさしくドヤ顔(*゚Q゚*)
わあーーー!!すごい!全然違う
「さあ、何が変わったか10個言って〜」の
問いに
「えっと、机・椅子・本棚・・・」
「あれ?まずピアノじゃない?」
「本当だ!変わってる」
「同じ形だと代わり映えがない?」
「さあ!実際に触って響きの違いを聞いてね」
とレッスンスタート
大きい生徒さんは弾きやすい。響きもいい
とうっとり♡(上手に聞こえたのはピアノのせい?)
この私もまだバタバタでじっくり触ってません
が、響きは数段いいですね。
(買って良かった〜)
お母様の反応も予想以上で、凄い、凄い!を連発
するお母様、ピアノの響きを楽しみ、お子さん
の演奏をスマホで録画するお母様、リアクションも
様々でしたが、皆さんに喜んでもらえた姿をリアルに感じ、苦労した甲斐がありました。
まだ、見てないお母様、送り迎えの際にでも、是非立ち寄って下さいね。

お互いに慣れない環境でのソワソワのレッスン
でしたが、1週間経ち、何処に何をしまったかも
かなり把握でき、やっと落ち着いて来た所です。

発表会の申し込書も渡し、選曲も始まり出しました。
いいピアノ、環境も整いましたよ。
さあ、後は前に進むだけ。発表会に向けてGO!
(私もピアノを弾きまくらなくっちゃ)

気分も新たに頑張りましょうね。

公園の木々も色づき、紅葉を楽しめる秋真っ盛り
朝夕の寒暖差も激しく、風邪を引きやすい時期で
す。
くれぐれも体調管理には気をつけましょうね。

芸術の秋でもあり、学習発表会、文化祭、合唱祭と
学校行事も盛んな時期です。
prismの生徒ちゃんも2名合唱の伴奏に選ばれ、
10、11月とその舞台の演奏を聴きに行ってきまし
た。
一人は先日ブログで紹介したMちゃん。
この日を迎えるまでに色々あった事が蘇り、立派に
演奏する姿にウルウル、感無量でした。
(お母様は私以上だったでしょうね)
そして、子供たちの精一杯歌う姿は、本当に胸に響
きますね。

さて、さて芸術の秋 音楽を楽しむだけでなく
イベント重視のprismでは、ハロウィンをささや
かながら楽しみました。
10月22日から27日までをハロウイン週間とし
レッスンの中で、仮装をして来てもらい、写真撮影
そしてドレミカードでスピードのゲームをし、お菓子のプレゼントをしました。
今回は大げさに宣伝してなかったので、仮装してく
れた方は、3分の1くらいでしたが、こちらで用意
したグッズをつけて、ハイポーズ⭐️
中でも、ひよこの着ぐるみは大人気!
(なんでそんなのあるの?
決して自前ではありませんから。念のため)
年頃男子くんはハードル高かったけど、無茶振り
得意
そして、そんな先生のキャラも知ってる・・
スマホ向けたらみんな笑顔(^∇^)
入会したばかりのお母様も妹ちゃんも巻き込んで
またまた無茶振り
その写真をプリントして、リニュアルしたレッスン室の大型ボードに飾りました。
皆んなの笑顔いいね😊
IMG_0179_convert_20181108095958.jpg





長ーい夏休みも終わり、気候も良くなり
レッスンも本腰に入れれる絶好の季節
だけど今年は台風の数も半端なく、レッスン
もかなり影響受けました。
予定してた運動会が何度も延期になったとい
うお話も聞きました。
もう落ち着いてくれますよね。
芸術の秋!大いに音楽楽しみましょう。

さてさて、グループレッスン後のこの1ヶ月半
様々なドラマがありました。(それは常々?)
ピアノ講師は、ピアノの技術アップを目指し、それ
に伴いメンタル面、つまり心のケアーを常に管理
していかなくてはいけません。
ピアノは心で弾くだけに、心が元気でない時は
やっぱり練習もダウン。
私の言葉かけ一つで、やる気になったり、
落ち込ませたり・・
本当に難しいな〜と思わされたある出来事を
今回はお話させてもらいます。
(長くなりますよ〜)

高学年のMちゃんはシャイで、未だ小声でしか
お話できませんが、ピアノのセンスも良く、やる時
はやる!頑張り屋さんの生徒ちゃんです。
そのMちゃんが合唱のオーデションを受けたいからと楽譜を持ってきたのは、夏休みのお話です。
もちろん、譜読みはすでに終え、ざっくりですが
難しい曲を最後まで弾けるようになってました。
「えらいね!一人でここまで弾けるようになって
るのはすごいね」
とまず、オーデーションにトライする事も含め
よく頑張って来た事を褒めました。
「でも、オーデションは弾けて当たり前の世界だよ。
Mちゃん本当に受かりたいなら、この上の演奏を
しなきゃ無理だけど、本当に勝ちに行く?」
と意思を確認
「うん。頑張る」と二人の意思もピッタンコ
じゃあ、先生もガチンコで教えるね。とポイントを
細かく指導しました。
次の週には、弾き込んできてくれた演奏を聞くのを
楽しみにしてました。
翌週のレッスン
お母様がまずいらっしゃり
「あれ?Mちゃんは?」
「'私1人なんです」
「えっ!」まだ状況の呑み込めない私。

「先生のレッスンを受け、私も先生のお話を聞き
Mに色々頑張るようにと葉っぱをかけてしまいま
した。
その後、殻に閉じこもってしまい、ピアノどころか
全てにやる気を失せてしまったたみたいなんです」

「えっ!」まさかの展開にびっくり!(;゜0゜)
その日は30分お母様と子育てや、思春期の難しさ
など、ピアノ講師の枠を外れ、少しだけ子育ての先
輩なので、お話させていただきました。
Mちゃんにとって良かれと思った一言が、Mちゃんにとってプレッシャーになってしまったかもしれません。
深く反省。゚(゚´Д`゚)゚。
お母様とオーデションは一旦諦め、まず普段通りに
生活できる様、見守って行きましょう。
まずは、レッスン室に来れる事を目指しましょう。
とアドバイスさせていただきました。
翌週のレッスン
Mちゃんきてくれるかな?ドキドキ
インターホン越しにMちゃんの姿が見え、小さくガッツポーズ。
まず、私の投げ掛けた言葉が傷つけたのならと
謝り、その後お母様も交え、お話をしました。
「今、Mちゃんは思春期というモヤモヤ病にかかってて、普段平気な事でもすごく傷ついたり・・怒れたり・・
自分でも気持ちのコントロールができないんだよね。
でも、これは病気じゃなく、お母さんも、先生もかかった大人になるまでのステップだから、いつか曇り空から、晴れ間になる時があるから、焦らない事だよ。」といつものくだらないギャグも交えながら
私ながらにお話をしました。
その中にピアノは嫌いになってないという事を聞き
内心ホッ❤️

そしてオーデションは受けたくないけど、この合唱曲は好きという事だったので、じゃあレッスンのレパートリーとして弾いていこうかと提案。
その日も、全然ピアノに触ってないと言いながらも、Mちゃんらしい演奏を聞かせてくれました。

その後、お母様から連絡があり、急遽オーデションを受ける方が辞退され、先生にMちゃん弾ける?と
一人オーデションをされ、結果先生にも認められ
合格したという嬉しいお知らせでした。
「先生が好きな曲なら、弾き続けたらと言っていただいたお陰で、日々弾いてた事で、急なオーデションにも望む事が出来たのも、先生のお言葉があったからです。」とお母様から喜ばしいお言葉
オーデションに受かってからのMちゃんは
あの塞ぎ込んでたMちゃんは何処へ?
晴天全開!モヤモヤ病はなんだったの?てくらい別人の様に頑張ってます。
そして、学年の代表にもなり、この11月群音の大舞台でも演奏することになったんですよ。
(((o(*゚▽゚*)o)))
メデタシ、めでたしチャンチャン♫で終わりましたが
お母様と、本当に子供には振り回されますね、と
肩を撫で下ろし、フッーーと安堵の溜息

でも、私の言葉掛け一つでお子さんをポジティブに
もネガティブにもさせてしまうだけに、慎重に言葉選びをしなければと、思わされた今回の出来事でした。

(ご報告)
1、10月21日から26日までをハロウィン週とし様々なグッズを用意しときますので、簡単写真撮影をします。(お菓子のプレゼントあり)
2、兼ねてから憧れてたSHIGERU KAWAIのピアノを購入しました。
それに伴い、レッスン室の模様替えをします。
ピアノの素敵な音色も含め、送り迎えの際にでも
是非お立ち寄り下さい。
3、発表会の申し込み書を11月にはお渡しします。 発表会もレッスンの1回とみなしてますので、出演のするorしないの選択枠は設けてませんので、全員参加でお願いします。
今年から、やむ得ず出演できない方の振替レッスンは、ご遠慮させていただきます事、ご理解下さい。

選曲CDも作ってます。またお家でもご一緒に選曲にも参加していただけたらと思います。
その前に、高い山に登る為にも、日々の練習の癖付けをしておきましょうね。


(10月のシルバニア)
IMG_0010_convert_20181014234711.jpg

早々とエントランスはハロウィン色全開で
ディスプレイしました。

グループレッスン報告
まだまだ続きますよ。

①の報告を聞くとと大成功!バンザ〜イと
思えます。が、イヤイヤ、小事故、大事故色々あっ
たんですよ。
(全て私がやらかしました)
ここからは裏話です。
特に11日の①グループ目さん達は、初めての試
みの中のスタートさんとあって、私も段取りが掴み
きれてない。時間配分に確実性がない。

でも何とか音遊びまでは、順調に運び
「さて次はハンドベル練習ね。ここからは、ガチン
コだよ」とハンドベルを手渡そうと籠を見たら
えっ!嘘でしょ。ハンドベルがない
まさか、レッスン室に忘れてきたー
ガーーーン((((;゚Д゚)))))))
取りに行くにも、生徒ちゃんを残しては行けない
お母様達も、もうすぐ聞きにくる。どうしよう・・
急遽、タップリン演奏に変更し、ボンゴを加え、
今度は、聞かせる演奏にしようとねと「さんぽ」の
ピアノに合わせ練習とその場は、何とか取り繕い
ました。
聞きに来られたお母様も、何を演奏されるか報告
してなかったので、タップリン面白い楽器ですねっ
て喜んで聴いてくださってました。
でも、実は・・と事情を説明し、ごめんなさいーと
平謝り。

今回、ハンドベルを楽しみにされてた方もいらっし
っゃたので、後日レッスン室で、改めてという事で
お許しを願いました。

その後、15分休憩の間に、ハンドベルを取りに家
に戻るというバタバタ劇。
普段、手の届くところに全てあるという、ゆるーい
環境に慣れ過ぎてました。ごめんなさい。

それで、かなりテンパってしまい、お母様達に演
奏を聞きに来てもらう時間を30分早めに伝えて
しまったり・・ご迷惑をおかけしました。

初回グループさんには、本当に申し訳ありません
が、その反省をバネに回数を重ねるごとに余裕を
持てるようになり、私自身も楽しむことができました

小さいお子さんは、表情を見てもわかりやすく
THE楽しそう!
「いつもこういうレッスンがいい」とも
言てくれ、意味のある時間になったようです。

何と、顔を強張らせてた方達も、お家に帰って
楽しかったから、またやりたいと言われてたよう
で、ホッと一安心しました。
(ジミーに楽しむタイプとか)
もっと、ストレートに表現してくれると、私もわか
りやすいんですけどね。

何と言っても、お子さんだけでなく、お母様達から
子供にとって、とてもいい経験ができたので、今後
も、是非やって欲しいという声を多く聞けました。
また、「先生個人だけでなく、複数の子を楽しませ
ながら指導できるなんて凄いです」と言われまし
たが、以前はリトミックもやってましたしね。
大人数の指導も大好きですよ。
今回で燻ってたものに、火をつけたかもです。

何より、今回レッスン室とは違う表情も見れ、新た
な発見がいっぱいありました。
レッスン室ではおしゃべりさんなのに、こんなシャ
イだったの?とか、こんな弾ける子だったの?と
か・・
時にレッスン室を飛び出し、違う環境に置いてと
いうのもいいですね。

挨拶でご父兄様に言いましたが、ピアノは
技術力以外に表現力がかなり要求されます。
人前で自己アピールする事、コミニュケーション力
を持つ事は、とても大切な事です。
今回のことがピアノ以外の事にも、少しでも繋がっ
てもらえれば幸いです。

今回いい夏の思い出ができました。と言って下さ
ったお母様がいらっしゃいましたが、今後グルー
プレッスンが夏の恒例行事になるよう、今回の反
省点を改善し、次へと繋げて行ければと思ってま
す。

8月は、グループがあり、ピアノが2回しかなく緩
めでしたが、さあ新学期からは手綱を引き気味で
また頑張って行きますからね。




8月11日・25日の2日間、文化の家小音楽室に
て、グルプレッスンを無事終えました。
レベルによって6つのグループに分け(5〜6名)
音楽遊びを中心に様々なプログラムで、たっぷり
1時間半生徒ちゃんと共に、楽しい時間をすごせ
ました。

レッスンバック不要。持ち物は水筒だけ
教材のないレッスンなんか初めてだから、
「何をやるんだろう?・・・・」
初めは不安そうな表情
知ってるお友達がいたら、安心スマイルに
早変わり(´∀`*)

慣れたれレッスン室から離れ、初めて見る
お友達と、音楽という繋がりがあるから、抵抗
はないかと、簡単に考えてましたが
イヤ〜笑顔を戻すにはハードル高いグループも
ありましたね。(シャイな子勢揃い)

まずは固まった顔をほぐす為に、輪になり
リズムに合わせ自己紹介ゲーム
「みすず」トントン👏「あおい」トントン👋・・みたいな
それを様々にアレンジ(動物つながり・果物つなが
り) ウンウンいい感じ(^∇^)笑顔になって来てる

笑顔になればこっちの物
そこからは、リズムであそぼに始まり→タップリン
で音探検→タップリンで合奏(おもちゃのチャチャ
チャ・さんぽ等)→ぐるぐるピアノ→音符カードで
ドレミの観覧車・大富豪・・
小さい生徒ちゃん達は、リトミック的にピアノに合
わせ、ストップ& ゴー
キャーキャー言いながら走り回り、最高に盛り上
がって、先ほどまでの緊張は完全に吹き飛んで
ました。
その表情を見て、私も元気一杯もらえました。

1時間程をみんなで音遊び
その後30分は集中して1つの作品をみんなで
作るという時間に充てました。
1グループ タップリン、ボンゴ 「さんぽ」
2グループ ハンドベル「きらきら星」
3、4グループ ハンドベル「いつも何度でも」
5グループ ハンドベル、鉄筋 ハンドサイン
  「きらきら星」
6グループ ハンドベル「チキチキバンバン」

そして、最後ご父兄様にその練習成果を聴いても
らいました。
お母様だけでなく、多くのお父様まで足を運んで頂
き、本当にありがとうございました。

初めて見る楽譜を、みんな限られた時間の中、真剣
に取り組み、結果、音が抜けたりはありましたが、
止まったりするグループは1つもなく、キチンと形に
する辺り、さすがピアノ経験者だからだなと感心して
ました。

皆さんの場面場面の素敵な表情、撮りたかったんで
すが、私がフル活動過ぎて、数枚しか撮れませんで
した。
その中からピックアップしましたので、ご覧下さい
(スライドも作りましたが、NGの方がいらっしゃったので
アップは控えますね)
IMG_0054_convert_20180830004235.jpg IMG_0049_convert_20180830004328.jpg

IMG_0038_convert_20180830004359.jpg IMG_0031_convert_20180830004437.jpg

IMG_0028_convert_20180830004510.jpg IMG_0024_2_convert_20180830004538.jpg

幼稚園さんの、特にピアノ初めてさんのご父兄
さんは会場に入り、ベルを持ち、1列に並んだ光
景を見ただけで「◯◯ちゃんすご〜い」と歓声
いや。まだ何もやってないんですけど。

幼稚園によっては、発表会等の催しのない所
もあるので、ビデオ、スマホ片手にパシャパシャ
絶好なる撮影スポットになったようです。
いい思い出いづくりできて、良かったですね。







レッスン風景、新着ニュース等 お届けします

プリズム

Author:プリズム